2018年4月20日金曜日

清閑寺焼 せいかんじやき



古清水と総称される京焼で色絵陶器の一種。

窯は京都東山の清閑寺山の内町、茶碗坂または茶碗山と呼ばれるところにあったという。

創始や焼成期については不詳のところが多い。

遺例としては「清閑寺」小判形行書印・楷書印などを押した作品が知られる。


2018年4月13日金曜日

西国米 さごべい



南蛮菓子。

琉球では「セーカクビー」などと称された。

サゴ椰子の粉を米粒状に固めて炒り、甘味をつけて用いた。

『和漢三才図会』には甘味には甘葛(*1)を用いると説くが、『松屋会記』にはこれの粥に砂糖をかけて用いている。

なお仙叟宗室の茶会記などにも見える。


*1 あまずら

2018年4月6日金曜日

四阿 あずまや



「東屋」とも書く。

庭園の中に設けられる休憩や展望のための小建築で、土間に腰掛や机を備えたものが一般的。

四阿とは中国の用語で、四方葺き下しの庇(*1)を意味し、通常、壁のない方形造の小さい建物を指すが、五角形以上、円形屋根のものもある。



*1 ひさし